Aokashi Room

なんでも書き続けるAokashiの部屋

GitHub Patchwork Tokyoに行きました

2015年12月19日(土)、GitHub Patchwork Tokyoに行きました。そして、意外な形で終わりました。

きっかけ

5年前からウェブサイト運営を始め、3年前からプログラミングを本格的に始めましたが、プログラミングやレンタルサーバーを借りたウェブサイト運営を進めていくスタイルを3年間続いており、このままでは周りに追いつかれてしまいます。そんなことで、以下のようなことに挑戦していました。

  • Linux環境を本格的に導入
  • GitHubを使用した効率的なプログラミング作業
  • 特殊なプログラミング言語の使用

しかし、使用環境の容量が心配で、なかなか進まず。GitHubについても、Gitにうまく慣れませんでした。そこで、TwitterからGitHub Patchwork Tokyo(以下、Patchworkと省略)の存在を知り、行くことにしました。

場所は渋谷のdots.というイベントスペースです。

過程

MacBook Pro(13inch)を使用しています。

  • 教材用アプリケーションをインストール
  • Gitをインストール
  • Gitの基本的な知識を学ぶ
  • プルリクエストを送る

しかし、途中で大きなトラブルに遭遇し、イベント内ではなかなか終わりませんでした。

トラブル1:教材用アプリケーションが起動しない

f:id:aokashi:20160505143914p:plain:w300,right

Patchworkで使う教材用アプリケーション(以下、Git-itとします)はzipファイルで解凍すると直接appファイル(アプリケーションファイル)が展開される形でした。

展開されたアプリケーションを起動したところ、Git-itが開けないとGatekeeperが警告を発生。システム環境設定→セキュリティとプライバシーからGit-itが開けるようですが、ボタンを押しても反応しませんでした。

結局はGit-itがアプリケーションフォルダに配置していたのが問題らしく、ダウンロードフォルダに置くことにしました。

トラブル2:Gitが動かない

MacBook Proには予めCommand Line Toolsをインストールしていました。前回、Gitを少し使用して、何とか出来たため、問題無いだろうと思っていましたが、git --(ハイフン2つ)versionのところでつまづきました。

この問題については、gitを再インストールしたら正常に動作しました。

トラブル3:Git-itのVERIFYが動作しない

Git-itは複数のステップで進めていきます。各ステップにはVERIFYボタンがあり、問題がなければそのステップは完了となります。

しかし、普通に進めたはずなのに、xcrunコマンドでエラーが発生しました。この問題はXcodeと関わっているようで、Xcodeをインストールすれば直るようです。

Xcodeは導入するつもりでしたが、大きな容量、長いインストール時間に耐えられず、インストールを見送っていました。そこで、イベント内でインストールすることになりましたが、かなり遅い(特にインストール)。後7分のところで止まってしまうようで、結局は諦めて進めました。

イベント内では終わらせなかった

前述のトラブルや、次の行事が迫っていること(GUGEN 2015 コンテスト)からイベント内で終わることはできませんでした。

自宅で完了!

トラブル解決に向けて、自宅でXcodeのインストール、終わらせなかったPatchworkの分を進めました。Xcodeをインストールするために、以下の過程で進めました。

  1. そのままインストールしたが、途中で止まってしまう*1
  2. とりあえず、OS X 10.11.2をインストール
  3. できるだろうと思ってもう1回インストールを再開したが、途中で止まってしまう
  4. セーフモードで起動
  5. セーフモードでXcodeをインストール、放置
  6. インストール済みと表示されたので、再起動
  7. 再起動したら、ちゃんとインストールされた

私の考えですが、他のアプリケーションが余計に動作していたことが原因で、うまくインストールできなかったのではないでしょうか。とりあえずインストールが成功したので、Git-itを使ってPatchworkの分を進めました。以降は問題なく進めることができました。快速のように、さくさくと。

f:id:aokashi:20160505144458p:plain

今回のPatchworkはGitHub Pagesで公開したページに自分の名前を載せることが目標のようでした。遅い終了でしたが、何とかできて良かったです。

もらったもの

f:id:aokashi:20160505144243j:plain

ステッカー、MARKDOWNのシンタックスブック、GitHubを紹介する2つ折りの厚紙、GitHub Patchwork用のカード(?)をもらいました。そして写真にはありませんが、GitHubのチートシートももらいました。

ステッカーは3枚もらいました。もっとステッカーを取っておかばよかったかな。

最後に

今回のPatchworkで、イベント終了では分からなかったけど、Git-itを全て終えたところで、Gitがどう動いているのか分かるようになりました(はず)。後は頑張って活動して、慣れていくことでしょうか。資料も手に入れたため、わからなかった際のヘルプとしても役立つかもしれません。

今回のイベントはピザを食べるなり、ドーナツを食べるなりでかなり楽しいイベントでした。今まで来たイベントの中で、無償でこのように楽しめるイベントは少ないほうだと思います。ただ、次回はメンターで!だと厳しいかもしれません。

*1:ダウンロード→インストールの繰り返しが失敗の元?